初心者のためのせどり攻略ブログ

セラーストーリー

その他

ブログ飯~図書好きの僕のバイブル~

 

せどりくん
どうも久保田です。

僕は本を読むのが好きなのですが、今回は僕が出会った本の紹介をします。

今回ご紹介させて頂く本は、ブログで稼いでいきたいと思う方がまず手に取るであろう 入門書とも呼べる"ブログ飯"です。これを読んだ所感を書こうと思います。

ブログ飯~個性を収入に変える方法~

こんな方におすすめ

  • ブログで稼ぎたい方
  • 副業に興味がある方

 

ブログ飯とは?

ごく一般的なサラリーマン生活を送っていた筆者が、趣味で継続していたブログで得た知識を元に、ブログ(を使ったアフェリエイト・アドセンス)運営で生活していく事を決意し、会社を退社。フリーランスとして日々試行錯誤を繰り返しながら、ブログで飯を食っていく事に成功。筆者のいままでのブログ事例や、フリーランスとして働く中での経験を元に、時代に合わせて汎用的な考え方や文章力を身につける方法を書き下ろしています。

  • ブログで飯が食えるようになるまで
  • ブログで飯を食っていくための指針
  • 突き抜けるための技術

をわかりやすく解説してくれていますので、

おすすめの一冊です。

ブログ飯の執筆者  

ブログ飯の執筆者である染谷昌利さん。現在もマルチな活躍をされています。

1975年生まれ。妻一人息子一人。4年生大学卒業後、就職情報誌の営業、自動車関連企業の人事担当者、不動産関連企業の人事担当者及び営業担当を12年経験したのち、2009年に非IT系出身ブロガーとして独立。運営するブログ「Xperia非公式マニュアル」が人気を集め、Googleアドセンスの成功事例に取り上げられる。現在は、ブログの運営や執筆、企業やブロガー、アフェリエイター向けのコンサルティングにて生計を立てている。

読んでみての、僕の所感。

この本を見て僕が感じた事ですが、

一言で表すと

"決断と努力と継続が大きな成果を生む"です

夢と希望が詰まっている一冊とも言えると感じました。だって、ブログで飯が食えちゃうんですよ?めっちゃくちゃ夢があるじゃないですか。子どもだって身体が不自由な人だって老人だって誰にだって、大きな成果が出せる可能性があるんですよ。

ただし、"ブログで稼ぐってなんだか簡単そうじゃん"って思っている人がいたら、それは大きな間違いでしょう。それこそ、この本を見る事で身をもって実感できると思います。

また、この本を読んだうえで"ブログ飯なんて、自分には無理だ"。そんな事をやる前から公言している人が成功する可能性はもちろん0%でしょう。何事においても、まずやるのが先決です。体験に勝る経験はありませんからね。

さあここからは、僕がブログ飯を読んで身につけた知識をアウトプットしていきましょう。

早速、ブログ飯を読んでみた。

 

第一章私が「ブログ飯」になるまで

染谷さん自身の生い立ちや、経歴。なぜブログで飯を食っていこうと考えたのか。ブログで飯を食っていくとは、どんな事なのかが記されています。

・ごくごく普通のサラリーマン時代

・コラム(ブログとの馴れ初め)

・充実したサラリーマン生活から一転無職へ

・タイムリミット、転機、そしてブログ飯へ

 

筆者の凄いポイント

その① トレンドを先読みする力

ネットで稼ぐという事が今のように浸透してない時代に、ブログで生計を立てると腹を決め、目標に向かってひた走る。かなりの勇気が必要だったでしょうし、一般人には中々できないように感じます。

誰よりも先に、誰もやっていないような事を行う。トレンドを先読みする力は、収入に直結すると感じています。

その②コツコツと続ける事のできる粘り強さ

筆者は物事をコツコツと"継続"する事が大きな力になると理解して、それを実践できる方です。収益が安定して伸びない状況下でも、粘り強くブログと向き合い、四苦八苦しながらも決して諦めなかった。

コツコツと"継続"し続ける事ができたからこそ、最終的には大きな成果が得られるんだなと感じました。

その③圧倒的な作業量

筆者は、"仕事が22時に終わり、そこから料理を作り、写真を撮り、ブログを夜中の2〜3時に更新してから寝て、朝6時に起床し会社に出勤していた"。というかなりハードな日々を送っていたようですね。

毎日の睡眠時間は3時間ほどだったようですし、趣味でやっていた事だとしても、常人にはできないような気がします。

その④圧倒的な専門性

筆者も本に書いていますし、僕もその通りだと感じているのが、なにかの"オタク"になるのが大事だ。ということ。

投資家の与沢翼さんがよく"オタク"になってその分野で一番になる事が、成功をする近道と言っています。その分野で誰よりも抜きん出る事が、知名度を高める事ができ、結果様々な仕事も舞い込んでくると。

どんな偉人であっても、最初は0から。

そこから一歩一歩地道に進んだからこそ、

誰も到達し得ない領域まで到達することができるのでしょう

第2章ただのブログを「飯が食えるブログ」にかえる

考え方編①ブログ運営でもっとも重要なポイント

考え方編②誰に何をどうやって伝えるのか

基本編① わかりやすい文章を書くには

基本編②ブログを書き続けるには?

運用編①ブログを書く時間がないときは?

運用編②ブログに書くネタがなくなったら?

第2章では、考え方、書き方、続け方の三方向から、ブログのいろはを学んでいきます。

あなたは何のために
ブログを運営していますか?
  • 文章を書くのは楽しいですか?
  • 読者との交流は楽しいですか?
  • 自分の知識や経験を伝える事が好きだからですか?

自分が楽しく、書いていてのめり込むようなテーマで記事の推敲ができているのであれば◎

"馬鹿になれるぐらい好きなこと"

をやり続ける事が重要なのです。

ぼくの尊敬する

百獣の王武井壮さんが言っていましたが、

"好きな事があるんなら、好きな事をとことんやればいい。社会的な枠から、もしかしたら外れる事もあるかもしれないけど"嫌いな事を10年間真剣にやるより、自分が大好きな事を10年間真剣にやった方が、結果高い所に行ける"。

最初の坂道は急かもしれないし、他の人が歩いていかない道だから、なかなか成功しづらいかも知れないし、世の中から認めてもらうまでには時間がかかるかも知れないけど、やっちゃえばいいんじゃないかと俺は思う"と。

この言葉はほんと、心に響きました。武井壮さんって話すのめちゃくちゃ上手で、ストンと心に落ちる事言うんですよ!

第3章 継続して成果を出すブログの違い

応用編① 個性的で面白いブログにするには

応用編②面白い文章が書けないときは?

応用編③なかなかファンが増えないときは?

応用編④「飯が食えるブログ」は誰でもつくれる

稼ぐためのブログを運営していくためには、そのブログを継続的に見に来てくれる、ファンを作る必要がありますよね。ファンを獲得するためには、ブログの内容も"面白くかつ読みやすく"なければいけませんよね。そして、何より自分が楽しくなければ絶対に長続きなんてしません。

これからの時代、個人が世の中で生き残っていくためには

  • 人と違う個性を発信する力
  • 他と違う観点で物事を見る

こういったスキルが重宝される時代になるはずです。自分ならではの個性を前面に押し出して、自分をブランディング化する事がめちゃくちゃ重要だと感じています。そういった意味ではブログは、あなた専用のメディアなのです。自分の思った事を感じたままに、全世界に発信できます。そう考えると、ブログやSNSの力はうまく使えば大きな力になると確信しています。

第4章 個人でお金を稼ぐということ

・アフェリエイトとアドセンス

・楽に稼げるなんて思ってはいけない

・そうは言っても、稼ぐことは実は簡単

・その商品、友人に売れますか?

・収益を左右する3つのリサーチ

・稼いだお金は全部使え

・情報の価値が報酬

・収益は集中させない

・一緒の方向を向いている仲間を作ろう

・レッドオーシャンを泳ぎきり、ブルーオーシャンを創り出せ

ブログで飯を食っていくためには、稼がなければいけません。これは絶対条件です。これからの時代は個人が会社よりも力を付ける事ができる時代です。もちろん、自分一人の力は微々たるものですので、様々な人の協力や支援、提携も必要ですが、それらもウェブ上で完結させる事が可能です。

アフェリエイトとアドセンス

アフェリエイトとは?

成果報酬型広告の総称で、日本語訳すると「提携」という意味になります。

ネットショップ(主に企業)と個人とを提携させ、商品が売れた場合にその成果として報酬を受け取る事ができるサービスです。ネットショップ側は、極力リスクを抑えて商品を宣伝・販売でき、個人は自分の好きな商品を、在庫リスクを抱える心配なく紹介できるようになります。

物販ではAmazonアソシエイトや楽天アフィリエイトが有名で、物販だけでなくサービスまで展開しているのがA8.netやリンクシェア、バリューマコースなどのアフェリエイトサービスプロバイダ(ASP)ASPは点在するネットショップや個人サイトを集約し、お互いの利便性を高めるという価値を提供し、その結果、ネットショップからシステム利用料を頂いている。という仕組みです。"ブログ飯より抜粋"

 

GoogleAdSense(アドセンス)とは

グーグル社が提供・運営するクリック保証型のインターネット広告サービスで、グーグル社の審査に通ったウェブサイト運営者は、無料で利用できます。

アドセンスプログラムの広告コードを自分のウェブサイトに貼り付けると、ウェブサイト内の内容を読み込み、コンテンツに適合広告が、自動的に配信されます。

(例.1)

・旅行記ウェブサイトにアドセンスを掲載

→旅行情報やホテル広告が自動的に配信

(例.2)

・就職情報を提供しているウェブサイト

→転職情報が掲載される

このような仕組みです。

サイトの訪問者がその広告をクリックする事により、ウェブサイトの運営社に報酬が発生するシステムになっています。

広告コードを載せるだけで関連性の高い広告が、自動的に配信されるため、サイト運営上の負担が少ないにも関わらず、一定の報酬が得られるという手軽さが、人気を呼んでいます。また、最近ではインタレストベース広告(興味関心連動型広告)も導入されており。過去の閲覧履歴や検索キーワードを解析して、ウェブサイトの訪問者が興味や関心を持っていると思われる商品/サービスの広告も配信しています。

"ブログ飯より抜粋"

インターネット上で収益を上げる手段

  • まぐまぐ等での有料メールマガジンの配信
  • 依頼されたプログラムを構築した対
  • ウェブサイト作成の報酬
  • ヤフオク、メルカリ、ラクマ等で、不用品を売却する
  • Amazonに出品して、ウェブ上で商品を販売する
  • YouTube等の動画広告
  • 写真素材、イラスト素材の販売
  • 自分の作った楽曲の販売
  • ブログ以外にも稼ぐための手段はたくさんあります。

ブログ以外にも稼ぐための手段はたくさんあります。僕も収益を分散させるのは大事だと感じていて、とりあえずバイヤー(メインはヤフオク)兼業で最低でも10万円の収益をあげる仕組み作りに取り組んでいます。現状、副業で5万円程度しか稼げていませんので。

まとめ

ブログ飯。読みごたえがあって、かなり勉強になりました。結局何をやるにしても、とことん努力するのは当たり前なんですよ。ただ、闇雲に努力を続けていても非効率ですし、成果はでません。

メジャーリーグで活躍するダルビッシュ有投手が以前言っていました。

"練習は嘘をつかないって言葉があるでしょ?あれ、全然嘘だからね。考えてやらないと、普通に嘘つくよ。"これは、説得力があるなと。ましてやプロの第一線で活躍するスター選手が言っているのなら、間違いありません。

物事の本質を見極め

勉強に次ぐ勉強

決して諦めない強い気持ち

冷静な分析

圧倒的な努力

が、成功への近道です。ウサギとカメで例えるなら、カメのように一歩一歩着実と歩を進める。コツコツと続けることで、それがやがて大きな成果となります。ただし、向かっていく方向性がずれてしまっていると、その努力は無駄な努力となってしまいますので、大きな目標"向かっていきたい方向"を意識して、適宜進路のずれを軌道修正しながら、歩いていきましょう。

-その他
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© セラーストーリー , 2020 All Rights Reserved.